Mojoliciousスタートアップ - Perlによる新規Web開発

  1. Mojoliciousスタートアップ
  2. here

さくらVPSで「Perl + Mojolicious」Webアプリ開発 第6回 CentOS6というLinux OS

 リモートコンソールからログインするとコマンドを実行できる画面になります。

[root@www11197ue ~]#

 これはいったいなんでしょうか。実はCent OS6というOSにrootユーザーでログインしている状態になっています。Cent OSというのはLinuxと呼ばれるOSのひとつの種類で、WindowsやMac OS Xなどと似たようなものだと考えてください。

 たとえばWindowsでは、グラフィカルな画面でマウスなどを使って、さまざまな操作を行うことができますが、さくらのVPSを使う場合は、グラフィカルな画面ではなくて、実際に文字を打ち込んで、コマンドを使って、さまざまな操作を行います。

さくらVPSではCentOS 6というOSにログインしてコマンドを使って操作を行う。

 これが最初の難関になると思います。今まではコンピューターというものは、グラフィカルでマウスを使って簡単に操作できるものでした。でもさくらVPSを使った開発では、コマンドを暗記して、コマンドを使って、コンピューターに対して命令を与えて操作を行う必要があります。

 コマンドラインも初めてで、LinuxというOSも初めてです。でもチャレンジする価値は十分にあります。これに慣れてしまえば、どんなことでも可能になるWebアプリケーションを作ることができるからです。プロバイダーのサービスに依存することなく、完全に自分でWebアプリケーションを管理下におくことができます。

>>

自由で柔軟性があり移植性の高いWebアプリケーションを作成できるようになる。

<<

 ためしにコマンドを実行してみましょう。次のコマンドを入力してEnterキーを押してみてください。

echo Hello

 echoというコマンドはLinuxのコマンドで、画面に文字列を出力するためのコマンドです。以下のような出力結果が得られると思います。

Hello

 これだけだと、なんだかわかったようなわからないような気になりますね。次回は、Linuxのコマンドを、実際にいくつか実行してみて、コマンドラインでの操作に慣れてみましょう。