Mojoliciousスタートアップ - Perlによる新規Web開発

  1. Mojoliciousスタートアップ
  2. here

さくらVPSで「Perl + Mojolicious」Webアプリ開発 第8回 足りないPerlモジュールのインストール

 さて次の作業ですが、CentOS6のPerl5.10.1には、Perlの標準モジュールの一部が含まれていません。これはrpmで別パッケージとして管理されているようですので、それをインストールしましょう。

 パッケージ名はperl-codeです。作業はrootユーザーで行いましょう。

#

 のように行の先頭が#になっていてrootユーザーであることを確認しましょう。

RPMというのはCentOSにおけるライブラリの管理の仕組みのこと

 RPMというのは RPM Package Managerの略で、CentOSでライブラリを管理する仕組みのことです。RPMで管理されているパッケージはyumというコマンドを使ってインターネットからインストールすることができます。

yumコマンドでRPMで管理されたパッケージをインターネットからインストールできる

Perlの足りないコアモジュールのインストール

 yumコマンドを使ってPerlの足りないコアモジュールをインストールしましょう。installというサブコマンドでインターネット上からRPMパッケージをインストールできます。-yというオプションは、すべてのコマンドに自動的に「はい」と答えるオプションです。

yum -y install perl-core

 このコマンドは手動で実行することもできますが、リモートコンソールから貼り付けることもできます。リモートコンソールのタイトルバーのIPアドレスが書かれている部分の右に貼り付けボタンがあるので利用できます。

リモートコンソールには、貼り付けボタンがあるので、有効に利用する

 以下のように表示されればインストールが完了します。

Installed:
  perl-core.x86_64 0:5.10.1-119.el6_1.1

Dependency Installed:
  perl-Archive-Extract.x86_64 1:0.38-119.el6_1.1
  perl-Archive-Tar.x86_64 0:1.58-119.el6_1.1
  perl-CPAN.x86_64 0:1.9402-119.el6_1.1
  perl-CPANPLUS.x86_64 0:0.88-119.el6_1.1
  perl-DBD-SQLite.x86_64 0:1.27-3.el6
  perl-DBI.x86_64 0:1.609-4.el6
  perl-DBIx-Simple.noarch 0:1.32-3.el6
  perl-Digest-SHA.x86_64 1:5.47-119.el6_1.1
  perl-ExtUtils-CBuilder.x86_64 1:0.27-119.el6_1.1
  perl-ExtUtils-Embed.x86_64 0:1.28-119.el6_1.1
  perl-ExtUtils-MakeMaker.x86_64 0:6.55-119.el6_1.1
  perl-ExtUtils-ParseXS.x86_64 1:2.2003.0-119.el6_1.1
  perl-File-Fetch.x86_64 0:0.26-119.el6_1.1
  perl-IO-Zlib.x86_64 1:1.09-119.el6_1.1
  perl-IPC-Cmd.x86_64 1:0.56-119.el6_1.1
  perl-Locale-Maketext-Simple.x86_64 1:0.18-119.el6_1.1
  perl-Log-Message.x86_64 1:0.02-119.el6_1.1
  perl-Log-Message-Simple.x86_64 0:0.04-119.el6_1.1
  perl-Module-Build.x86_64 1:0.3500-119.el6_1.1
  perl-Module-CoreList.x86_64 0:2.18-119.el6_1.1
  perl-Module-Load.x86_64 1:0.16-119.el6_1.1
  perl-Module-Load-Conditional.x86_64 0:0.30-119.el6_1.1
  perl-Module-Loaded.x86_64 1:0.02-119.el6_1.1
  perl-Object-Accessor.x86_64 1:0.34-119.el6_1.1
  perl-Package-Constants.x86_64 1:0.02-119.el6_1.1
  perl-Params-Check.x86_64 1:0.26-119.el6_1.1
  perl-Parse-CPAN-Meta.x86_64 1:1.40-119.el6_1.1
  perl-Term-UI.x86_64 0:0.20-119.el6_1.1
  perl-Test-Harness.x86_64 0:3.17-119.el6_1.1
  perl-Test-Simple.x86_64 0:0.92-119.el6_1.1
  perl-Time-Piece.x86_64 0:1.15-119.el6_1.1
  perl-devel.x86_64 4:5.10.1-119.el6_1.1
  perl-parent.x86_64 1:0.221-119.el6_1.1

Complete!

 では次回は本当にいよいよ、Webアプリケーションをこの環境で実行してみましょう。