Mojoliciousスタートアップ - Perlによる新規Web開発

  1. Mojoliciousスタートアップ
  2. here

macOSにおけるWeb開発環境の構築

まず最初にmacOSにおける開発環境構築を行います。macOSは、2019年における、Macと呼ばれるOSの正式名称です。過去にはMac OS Xと呼ばれていることもありました。

macOSのベースはUnixで、開発環境として利用できるターミナルと呼ばれるCUI環境が付属しています。

Unixというのは、サーバーの用途で広く利用されているOSのことです。

Mojoliciousスタートアップで開発するPerlのWebアプリケーションは、Unix/Linux環境で実行されることを前提としています。

この環境にPerlとMojoliciousをインストールすると、macOS上で、Web開発を試すことができます。

CUI環境というのは、コマンドラインユーザーインターフェイスの略で、コマンド(文字列)をキーボードで記述することで、プログラムを実行できる環境のことをいいます。

ターミナルの起動

Mojoliciousスタートアップで開発するPerlのWebアプリケーションは、ターミナルと呼ばれるCUI環境を使って開発します。

macOSには、ターミナルと呼ばれるソフトウェアが標準で添付されています。

まず作業の最初として、ターミナルを起動します。

ターミナルを起動する方法は、以下の記事を参考になります。

うまくターミナルが起動しましたか。

Command Line Toolsのインストール

まず最初にCommand Line Toolsと呼ばれるものをインストールします。これは、macOSに、Perlをインストールする前提として、必要になるものです。Xcodeのインストールでもかまいませんが、こちらは容量が大きいです。Command Line Toolsは、容量が小さく、CUI環境で必要となるものだけをインストールできます。

Command Line Toolsのインストールは管理者権限で実行します。

Command Line Toolsをインストールするには、以下の記事を参考になります。

うまくCommand Line Toolsがインストールできましたか。

Perlのインストール

次にPerlをインストールしましょう。

macOSへのPerlのインストール方法は、Perl入門ゼミの以下の記事で解説されていますので、チャレンジしてみましょう。perlbrewまたは、plenvというツールを使って、Perlをインストールします。選択はお好みで。

macOSには、Perlがデフォルトで利用可能ですが、Web開発で使うPerlは、上記手順でインストールしたものを使います。一番大きな理由は、CPANというサイトからモジュールをインストールするのに、デフォルトのPerlでは、うまくいかないからです。モジュールというのは、プログラムの部品という意味です。

Mojoliciousのインストール

最後に、macOSへのPerlのインストールで、インストールしたcpanmというツールを使ってMojoliciousをインストールします。

cpanm Mojolicious

インストールお疲れさまでした。

無事に、Command Line Tools、Perl、Mojoliciousのインストールが完了しましたか?

外部リンクが切れている場合、インストールで困ったという場合は、Perlゼミフォーラムで質問できるので、ご利用ください。